トップページ > 合同墓のご案内

合同墓(浄真寺廟)のご案内

合同墓(浄真寺廟)正面 合同墓(浄真寺廟)横

遺骨に対する考え方は、地域差があったり人皆それぞれです。近年、自然葬が話題になっており、ご遺骨の散骨は海や森、宇宙へと広がりつつあります。

欧州では、火葬したお骨を引き取る人は50%ぐらいともいわれています。

我が国でも中世までは、一般庶民は遺体を大地に放置して自然に還していました。

京の都では、現在の清水坂中途付近においてきたり、鴨川の河川敷に置いたりしていたそうです。

応仁の乱の時には、鴨川に遺体のダムができて洪水が起こったとも言われています。

真宗門徒は、近年まで個々の墓を持たずに本山の廟所に納めたり、村々に惣墓という共同墓所があり、そこに納めたそうです。

明治以降、家々個々の墓を持ち、礼拝の対象として守ってくることが日本人としての原風景となってきました。しかし、これからの社会において、お墓を三代続けて守ることが困難な時代になってきています。

最初に述べました自然葬も、想いは心地よいですが、運営となれば経済の範疇となっています。

お墓は必要ないとお考えの方、一人暮らしでお身内の居ない方、ご夫婦二人でお墓をお守りしてくれる方のない場合、遺族に迷惑をかけたくないとお考えの方、等々、浄真寺廟を埋葬の場所として、ご一考して下さればと思います。

浄真寺のご案内

関連リンク

真宗大谷派 東本願寺

東本願寺

東本願寺 真宗会館

真宗会館

真宗大谷派 東京教区

暮らしにじいーん

TOMOぶっく

TOMOぶっく
copyright © 2018  真宗大谷派 法雲山 浄真寺 All Rights Reserved.